忍者ブログ

那々@alongtimeagoのPOSERメモ

ぷららのブログ(ブローチ)から移転しました。 元のブログURL:http://pub.ne.jp/alongtimeago/

できた、のか?(12月22日に追記あり)

 V4Base用のキャラクター、ダウンロードできる状態にしておきました。

 http://www25.big.or.jp/~tororo/myfolder/download/V4.htm

 一応、ウイルスチェックはavastにてPC全体行ったばかりで、作成したファイルも個別にチェックしてますが、万が一何かあっても、それはおそらくわたしにはどうすることもできない状態なので、ご容赦願います。

 (夜中になってから追記 ここから)
 動作確認はWinXPのPoser7Jで行っていますが、よく考えたら、D|Sはフリーだから持ってるじゃん、と思い出して動作確認をしてみました。はい、使えませんでした。
 現在の要確認事項:1.D|Sでポーズ適用させるにはどうすればよいのか? 2.MTポーズはどうやって作るのか?(←両方とも解決しました)
 (ここまで 夜中になってからの追記でした)

 

 左の画像で使っているテクスチャは、前回のブログから引き続き作り続けてた自作テクスチャなのですが、唇周りがうまく処理できていなくて、今の所、使い物になりません。
 ちゃんと使えるようになったら、配布するかも、しれません。使えるようになる日が来るのだろうか。

 画像に使用してる髪の毛は、GlamourHair(http://www.daz3d.com/i/3d-models/-/glamour-hair?item=4798&_m=d)です。




 唇が、よく分からなくて、マテリアル設定に四苦八苦。
 他の人が配ってるマテリアル設定だと、唇がキラキラして見えるのですが、あれってどういう設定なのでしょうね。そのファイルを開くには、自分のファイルを閉じねばならず、比較が難しいですPoserって。

 そういえば、マテリアル設定したファイルをレンダリングしようとしたら、例のメモリ不足エラーが発生しました。
 うむむ。
 SR3にしてから出るようになった、とどこかのブログで読みましたが、私のもそれかもしれません。わたしの場合、同じファイルで、というのではないので、なんとも微妙なところではありますが。
 どっちにしろ、空きメモリは沢山あるのに発生したエラーです。いったんPoserを終了させないとダメっぽかったです。

PR

コメント

1. 無題

はじめまして。
右側の「Poser関連ブログ」のリンクが便利で
(あ、もちろん本文も読ませていただいています・笑)いつもお伺いしています。
名前は女名ですが、おっさんです(笑)。

貴重な日本人風キャラのなっちゃん、いただきました。
ただ、残念ながらうちの環境(WinXP、POSER7J、POSER6E)では
このほっそりとした輪郭になりませんでした。
鼻や口元はうまくいっているようです。
うちのVictoriaはMorph++ですが、
4.2からいちいちMorph++を適用しないとBaseと同じ(だと思う)になったので、
何が違うのかよく分かりません。
わたしはPOSERを始めて一年程度の初心者ですので、
何がどう違うとかは全然分かりませんが、
モーフのpmdファイルはDAZStudioでは使えないようです。
わたしもよく「DAZStudioでモーフが動かねーぞ!このやろう!」と言われます(笑)。

それと、テクスチャの配布も楽しみにしています。

2. 無題

>Reikaさん
 はじめまして。
 顎のあたりの輪郭については、多分、それほどほっそりしていないのが正解です。
 参考の画像では、だいぶ見下ろす感じで撮影しているので。
 今度、時間があるときに別の角度からの画像も載せてみますね。

 DAZStudioでも使えると良いなぁと思っていましたが、pmdを使った方法は無理なのですか。
 ダウンロードページとリドミに、P6,7のみって書いておきます。(P6は持っていないので、動作確認取れませんが、pmdを使えるのはP6かららしいので)
 マグネットで変形させたキャラをpmdを使わないでポーズファイルとして保存する方法というのが、さっぱり分からなくて困っているところです。

3. 無題

PMDを使わないでポーズファイルを作る方法ですが、

1)環境設定の「モーフの対象に外部バイナリを使用」のチェックは外す。

2)整形済みキャラをCR2で保存。

3)CR2をCR2Builderで開いて、version記述と整形したactor head:1やactor neck:1(眼球やあごなども変更している場合はそれも)を残して、それ以外を全部削除。

4)残したactor~内のchannnelsにある自作モーフ名or変更を加えたパラメータが書かれた「targetGeom ~」以外の記述を全部削除して、PZ2で別名保存。

5)「targetGeom ~」自作モーフ名の部分を「PBMCC_02」などに書き換え。同じactor内に複数ある場合は、数字がかぶらないように「PBMCC_03」などに変更。

6)「targetGeom PBMCC_~」のすぐ下にあるnameをわかりやすいものに書き換え。(例えば、「name Anny_Head」「name Anny_Head」)

と、一応これでポーズファイル単体のINJとして動作するはずです。

4. 無題

ただしこのままだとHEAD部分の自作モーフパラメータを動かしてもNECKやEyeなどが連動しないので、これを連動させる記述を加えるとよりスマートです。

連動させる方法ですが、例えばactor head:1の「Anny_Head」に他のパラメータを連動させたい場合、別のモーフ部分の

  keys
   {
   static 0
   k 0 1
  }
  interpStyleLocked 0

のすぐ後に以下の5行を追加し、keyをk 0 0に変更します。

  valueOpDeltaAdd
  Figure 1
  head:1
  Anny_Head
  deltaAddDelta 1

5. 無題

このように連動させたパラメータを非表示にしたい場合はhidden 0を1に変更します。
他にもいろいろありますが、詳しくは他の人が作ったINJやREMのポーズファイルをエディタなどで開いて参考にされるとよろしいかと思います。

あと、INJポーズが正常に動かない場合は、階層の閉じタグ「 } 」が多かったり少なかったりすることが一番原因になりやすいので、それをチェックしてみてください。

P.S.
たぶんこのやり方で大丈夫だと思うけど、間違ってたらごめんなさい^^;;

6. 無題

>ManiHoniさん
 教えていただいたとおりにやってみたら、どうやらうまくできそうです。
 ありがとうございます!!

7. 無題

Natu、Poserに読み込んでみました。、、、目玉の位置とかScale関係の情報が追加されてないと、ユーザーとしては使いこなせそうにないです。
REMの方は、actor head;1の部分は不要な感じです。pmdの前に、空チャンネルを使った INJection Poseファイルで試行錯誤したほうが時間の節約にはなると思います。

8. 無題

>kim99さん
 アドバイスありがとうございます。
 目玉の値は最初に1になるようにして、もう少しpz2の内容も直してみて、今は自分の環境で確認しているところです。
 (PMDを使わない方法にしてます)
 目玉のScaleって、通常は隠れている物ですよね。
 確かに、表示されている方が良いですよね。
 他の方のファイルを見ながら、色々試してみますね。

9. 無題

DAZ StudioでのPMDはInjectPMDというフリーのプラグインをインストールすれば読込めます。
http://forum.daz3d.com/viewtopic.php?t=72737&flatnum=1

10. 無題

>T2さん
 情報ありがとうございます。
 そんな物があったのですか。
 今度試しに使ってみます。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
那々@alongtimeago

Poser関連ブログ

P R

ブログ内検索